こんにちは(^^)!食べることが好きな二児の母です! 最近家族の健康&自分のダイエットに気を使い始めています。
ダイエットには油は抜いた方がいいのか? 子供たちの発育にはどんな物を与えればいいのか? 最近体調が気にかかるダンナには、どういった物を避けた方がいいのか? このオイル辞典を編集しながら、色々なことを考えていきたいと思います。

Archive for いろいろなオイル

MCTオイル

ココナッツやパーム油などから製法されるオイル。
方法としては、長鎖脂肪酸を含む油脂と中佐脂肪酸を含む油脂を混合し、
酵素で反応させて製造する方法だそうです。

ダイエットや激しい運動時のエネルギー補給などに高い効果が期待され、
また、油脂の摂取を控えなければいけない病時食にもうまく利用できる事があります。

製品を選ぶときにはもちろんトランス脂肪酸の含まれないものがオススメです。

コメント (210) Trackbacks / Pingbacks (60)

鶏油(チー油)

鶏の脂身から取られる動物性油脂です。
主成分はオレイン酸とリノール酸で、人間の皮脂に非常に成分が似ています。
皮膚の形成や修復に効果があります。
食用の他、化粧品に使用することもあります。

コメント (22) Trackback / Pingback (1)

バターオイル(澄ましバター)

バターオイルは、バターをいったん溶解し脂肪分のみを分離したもので
バターからほとんどのたんぱく質と水分を除いたものです。
繊細な料理でバターの香りを押えたい場合に用いられたり
加熱による焦げを生じにくい利点もあるので、製菓用や調理用にも使われます。

近年、バターオイルを、含有する脂肪成分の融点によって高融点部分と低融点部分とに分け
液状バターオイルと固体バターオイルを得て、それぞれの用途に適合させる技術が普及しています。

コメント (101) Trackbacks / Pingbacks (2)

ギー

ギーとは、インドやアフガニスタンで利用されている乳製品の一種です。
ウシやヤギ、水牛などの乳で作った発酵バターをさらに澄ましバターにしたもので、
バターより腐敗しにくく、保存性も良いため料理やお菓子作り、果ては宗教儀式にも広く用いられます。

コメント (16)

牛脂

牛の油を精製した動物性油脂であり、「ヘット」などとも呼ばれます。
食用の他、石鹸やろうそくなどにも使用されます。
独特のうまみと風味を持つため、料理の風味付けに使用されます。

オレイン酸、ステアリン酸、パルミチン酸が主に含まれる脂肪酸で、他にミリスチン酸、リノール酸が少量含まれます。

コメント (209)

ピーナッツオイル(落花生油)

落花生ローストしたのち圧搾して得られる植物製油です。
一価不飽和脂肪酸(オメガ9系)が豊富で飽和脂肪酸が少なく、ノンコレステロールです。
レシチンやカルシウム、マグネシウムなどのミネラル、ビタミンEなどの栄養成分、も含んでいます。
独特の香りがあり、中華料理屋中華菓子によく使用されています。

コメント (35)

茶油(ティーオイル)

茶油(ティーオイオル)はお茶の実から取る植物性油脂です。
不飽和脂肪酸のオレイン酸、リノール酸などを豊富に含み、酸化しにくいのが特徴です。
実はオリーブオイルよりもオレイン酸拭含有量が多く、常温保存が可能です。
また、免疫力向上のティサポニンやカテキンなども含まれているため、
動脈硬化や免疫強化などに効果が期待できます。
近年健康食品やマッサージ用の製油として注目を浴びています。

コメント (48) Trackbacks / Pingbacks (2)

大豆油

大豆から取れる植物性油脂で、世界油脂生産量が世界第一位の代表的な植物油です。
安く、色や臭いが少ないため、サラダ油や天ぷら油などに使用する他マヨネーズやドレッシングにも良好な状態で使用でき、
また、水素を添加すると固形化するため、マーガリンやショートニングの原料として使用できるなどオールマイティーに使用できます。
非常に酸化しやすいため、通常は酸化防止のための紅花などを混合して販売していることが多いです。
大豆油に含まれている成分としては、リノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸や大豆レシチンなどが含まれており
コレステロールのコントロール、動脈硬化や心臓病の予防、整腸作用などの効果が期待されます。

油精製時に石油系溶剤を使用し高温で作られた大豆油には多量のトランス脂肪酸が含まれるため注意が必要です。

コメント (55) Trackbacks / Pingbacks (2)

米油(米ぬか油)

米を精米した際にできる米ぬかからできる植物性油脂です。
原料も国内でまかなえる唯一の植物油ですが、近年米出荷量の低下のため難しくなっています。
オレイン酸とビタミンEを多く含み、加熱による酸化がほとんど起こりにくいことが特徴で、
ポテトチップスの製造などに利用されています。
コレステロールを下げる効果があり、べにばな油と合わせるとさらにその効果が高くなります。
また、γ‐オリザノールなどを豊富に含んでいるため加熱安定性が高く、
油酔い物質の発生が他の油に比べて大変少ないため、業務用にも注目されています。
ですが、抽出方法が高温圧搾法や溶媒抽出法の場合、トランス脂肪酸の含有量に注意が必要です。

コメント (23) Trackbacks / Pingbacks (3)

小麦胚芽油 (ウィートジャームオイル)

小麦の胚芽から取れる、ビタミンEやリノール酸、オレイン酸などが含まれる植物性油脂です。
冷搾法で抽出されるオイルで、オレンジ色をしています。
とくにビタミンEが豊富で、その中でも活性の強いαトリコロールを50%以上含んでいるため
ビタミンE製剤の原料としてもつかわれます。
コレステロールのコントロール、身体の酸化防止などに役立ちます。
食用としての需要はほとんどなく、大量生産されていないため、アロマテラピーなどの
マッサージオイルとして知られていることが多いです。

コメント (24)

« Previous entries 次ページへ » 次ページへ »